今回は番外編ってことにします(政治ネタなので)。
総裁選挙の結果について等々の私見・・・ってゆうか超深読みしたこと書きます。
興味なければスルーしてくだっさぁ〜い(゚∀゚)

まぁいろいろあって福田政権が誕生することに決まったわけですが、この時点で一番うまくいったと思っているのは麻生さんかもしれません。

「落選したのになんで?」の意見はもっともなのですが、まず第一に「自民党のイメージ問題」です。
安倍さんが辞意を表明した当初、たしかに麻生さんは総裁になろうと思っていたのかもしれません。
しかし福田さんが一気に支持を集めたことで、この時点で麻生さんは負けを意識したはずです。よほどのことが無い限り、安倍さんの時と同様に、勝ち組に乗る議員がさらに増えることを予測できないはずはありません。

ではなぜあえて出馬したのか。
それは、森さんが首相になったときのような談合政治と呼ばれないようにするため、あえて対立候補として出馬することで、自民党のイメージの悪化を防ぐためだと考えられます。
本来ならもっと候補がいればと思ったでしょうが、いかんせん勝ち組の流れに乗る動きが一点集中しすぎたようです。
結果としては盛り上がりに欠ける総裁選になってしまいましたが、多少なりとも党のイメージ悪化の阻止はできたと思われます。(最小限過ぎて効果はほとんどありませんし、民主党辺りはどんな結果になろうと批判しかしないでしょうが・・・)
麻生さんからすると、自分も自民党なのですから、自分の党のイメージダウンは避けなければならないわけです。

第二に、「より確実に次期の総裁を目指す」です。
麻生さんの年代は政治家としてはまだまだ引退を考える年齢ではありません。
劣勢だと分かった時点で『自民党の歴史の中でも指折りの難局は福田さんに任せて、そのあとの次期総裁選のための布石にしよう』と考えてもおかしくありません。
それに麻生さんが今回の総裁選で勝てたとしても、今の自民党内では麻生さんに敵対する勢力が多すぎるので、今回総裁になれても支持を集めるのは難しいでしょう。

仮に福田さんがこの難局を乗り切ることが出来ず失脚しても、麻生さんのせいではありませんし、麻生さんからすれば最大のライバルがいなくなるわけですから、今回の総裁選で人気を二分した片方の自分が、次期総裁候補ナンバー1になるわけです。
あとは、福田さんの任期が終わるか失脚するまで、自分が何かしらヘマをしないようにしていればOK。
むしろ自分の支持基盤を固める猶予期間が出来たことになります。
じわりじわりと自分の人気取りのための計画を立てられます。

もちろん、それまでに自民党自体が政権交代とかになってしまっては意味が無いですが^^;
政権交代阻止はいくらなんでも麻生さんの力だけではどうにもなりませんので、真剣に福田さんに尽力はするとは思います。

あとの不安材料は、自分の人気以上の政治家がでてくることですが、その可能性は未知数としかいえませんね。私が思うに、現自民党内で活躍が期待できるのは舛添さんぐらいですかねぇ(当選回数の少なさで人気があっても総裁にはまだなれそうもないですが・・・)。

総裁選の期間中、しきりに麻生さんは「私は劣勢ですが・・・」とか「巷では劣勢劣勢とい言われておりますが・・・」と言っていました。
普通、こういった選挙活動のときは自分が劣勢であることは言わないものです(「麻生さんは言う人だ」と言われるとそうかもしれませんが)。
劣勢であると分かっているわけですから、すでに負けを覚悟しているので上記の打算(?w)もつじつまが合いますし、あえて劣勢であることをアピールすることで、『困難に立ち向かっていく行動力と向上心のある人』とゆうイメージを印象付けることに一定の成果が出たと思います。

そして今回の総裁選の結果を見る限り、麻生さんの思惑はうまくいったといえます。
麻生さんは福田さんに負けましたが、「負けすぎはしなかった」わけです。
これで、『予め決めていたような談合政治ではない』、『麻生は、福田と人気をほぼ二分した人物』とゆうイメージを得ることが出来ました。(前者の方はあまり効果はありませんが、シナリオ通り完璧だったりしたらむしろ怖い)

ってな感じで完全に深読み見解な内容ですが、麻生さんの行動を見てるとそう思えてしかたがないです。
事実は小説よりも奇なり、私の深読みよりも奇なり・・・なのかもしれませんw
いづれにせよ、安倍さんのときも福田さんのときも譲ったわけですし、このまま行けば次回は麻生さんが総裁になりそうな気がします。

私は麻生さん好きですよ。なんたって「ローゼン麻生」ですからw
まぁ願わくば福田さんが良い意味で予想外に期待を裏切って政治手腕を発揮してもらえればそれに越したことはありませんが。

私の予想では、福田政権も長くは無いでしょう。
解散総選挙になるに4ガバス(=゚ω゚)ノ





なんかこれだけ書いてると自民党のイメージダウンな感じになるので野党についても・・・。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


野党にこれだけは言いたい:
安倍さんが任期のときは散々「辞めろ辞めろ」と言っていたのに、いざ辞めると言うと今度は「責任放棄だ」って言うのは・・・なんか変じゃないですか?w

毎度毎度、野党の意見を見てると、とにかく「自民党批判」や「自民党とは反対意見」しか言わないので苦笑ものです。

批判をテレビの前で言ってても、よほど批判対象に恨みのある人でなければ批判を見てて気分が良くなる人は、そうそういないと思います。
折角テレビで意見を言えるチャンスなんですから、自民党の批判よりも自分たちのアイデアや対策案を言った方が建設的ではないでしょうか。
『野党にはこんなちゃんとした意見があるのか』とゆうイメージを積み重ねていけば自然と支持は出てくると思いますが・・・。

民主党は自衛隊の給油活動をやめさせたいようですが、仮にやめるとアメリカはおそらく拉致問題から手を引く可能性(少なくとも消極的になる可能性)が高くなることを分かっているのでしょうか。
アメリカからすれば日本側から握手していた手を振りほどいたことになりますし、給油してもらってる恩があるからこそ拉致問題を協議の場で取り上げようと努力しているのに給油をやめるなら努力もやめますよ・・・ってことになるのが外交政治ってものです。
情勢の変化に柔軟な対応が出来ずに意見を押し通そうとすると、批判されるのは自分たちになることを踏まえて対応しなくては、周りから孤立します。

「アメと鞭の使い分け」、「持ちつ持たれつ」の中で、ベストよりベターを目指すのが政治ではないでしょうか。







あと安倍さんのことも書いておきたい・・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

安倍さん、本当にお疲れ様でした:
「政治空白を作った」とか「早く辞めればよかったのに」とか「責任の途中放棄だ」とかいろいろ言われています安倍さんがいくらなんでもかわいそうだと思うので擁護してみます。

そりゃぁ辞める時期が時期でしたけど、総理大臣ってものすごいストレスなはずなんですよ?
あれだけ支持されていた小泉さんでもどんどん白髪が増えてたし、小渕さんにいたっては「死ぬほど」です。
そんな極度のストレスの中、ただでさえ政治と金問題や年金問題、教育問題等々重要問題の対策で頭を痛めてるところに今回の自民党の大敗。
責任を感じてるからこその内閣改造。
信じていた新しい内閣でも再び不祥事。
この1年間の安倍さんの心身的疲労はどれだけのものだったでしょう。
常人なら発狂しそうなほどのストレスではないでしょうか。
よく倒れずにいられたものです。むしろ安倍さんを尊敬したいです。
そこまで追い込んだのは、何でもかんでも首相1人の責任にしようとする野党と一部与党だと思います。
もちろん首相が最終的には一番責任の重い立場ではありますが、閣僚の任命責任にしたって、各閣僚の事務所の経理のことまでこと細かく調べてから任命するなんて、実質無理だと思いませんか?
そうゆうところは互いの信頼関係で任命するはずです。
むしろ裏切られたのは安倍さんの方であるはずです。
「人を見る目が無かった」と言われればそれまでですが、いろんな個性の集まる国会です、すべての政治家が聖人君主なわけはありません。
「仲良し内閣」などと酷評されましたが、安倍さんはこれまでの実績等をみて組閣したはずです。
実務処理能力と誠実な性格を持ち合わせ、なおかつその分野に精通している人なんておそらく今の閣僚の中でも片手で数えるほどしかいないと思われます。
完璧な人間は絶対にいない、それを踏まえて任命責任を問うなら問うてほしい。

不祥事の発覚した各閣僚自身が責任を取ればいいことであって、まるで諸悪の根源の如く「任命責任を!」と口をそろえる野党が怖いです。
与党も与党で、自分たちが選んだ首相なんだからしっかり支えるべきなのに、批判の矛先を自分たちから首相にうまく方向をずらすような言い訳ばかりで幻滅です。

結局のところ、今の日本国の首相を任期満了まで勤められるのは小泉さんのような周りの意見を気にせずに間違っていたとしても自分の信じた道を行く人か、よほどの無責任で批判や反感を我関せずでスルーする人ぐらいでしょうねぇ。
今の総理大臣職に就くことは「死ぬか体調を崩すまで出られない、想像を絶するストレス地獄に身を投げること」に近いのではないでしょうか。


「辞任が遅すぎる」ではなく「心体のぎりぎりまでよくがんばった」と言ってあげたいです。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日々溜まってることをものすごく長々と書いてしまいました(汗
こんなネチネチしたことをここまで書くなんて・・・暇なのね、とか思われそう。

あんまりブログとかではこうゆうのは書かない方がよさそうだけど、その時々の意見をまとめておけるものがブログしかないので・・・(他に作るのメンドイし〜)。
私見なので「まだまだ世の中のことを知らない青二才だな」と思われる箇所が多々ありますが、青二才の見解ってことで鼻で笑ってやってください。


もっと洞察力を磨かねば〜(;´д`