涼宮ハルヒの憂鬱のあらためて放送も27話目、今回も合わせて残すところ後2話。
この回、つまり「射手座の日」は個人的にアニメ版ハルヒでは(現時点で)一番好きなエピソードです。
原作を軽視するわけではないですが、映像化して話の面白さが格段に上がった回だと自信を持って言えます。
もうね、この回見てるとニヤニヤが止まらない(´∀`*
なぜかは銀河英雄伝説を見てる人なら分かるはず。
銀河英雄伝説を知らない人だと『長門が珍しく自己主張してるし、観測とか関係なく楽しんでる』回として見る価値はありますが、+αで銀英伝要素のパロディとしても二重に楽しめます。
京アニぐっじょぶ d(´∀`*
本編開始早々「勝負」という言葉に反応するハルヒ。
ハルヒ27話 容赦ない飛び蹴り
それにしても・・・容赦の無い飛び蹴りです。
結構吹っ飛んでますが、部長さん丈夫ですね。
ハルヒ27話 長門のパソコンお約束
SOS団対コンピ研でゲーム対戦することに。
長門はここで初めてパソコンに触れたんですかね。
ギターの操作と譜面を覚えるは一瞬なのにパソコンに関しては初心者的ベタなことをw
慣れるまで数日かかってましたが、キョンの「今回はインチキは無しだ」発言を守ったせい?(とは言え数日で高速ブラインドタッチの領域まで行くのは普通に凄いですが)
キョンの念押しに短くうなずく長門・・・、楽しい玩具を与えられて機嫌が良い子供のような素直さが感じられます。

決戦当日。
この辺から銀英伝好きにはたまりませんw
ハルヒ27話 大艦隊萌え
BGMもクラシック系で壮大な感じ。
なにより大艦隊ですよ?1艦隊につき1万5千隻ですよ?
嗚呼・・・顔がほころぶ(´∀`;
CGだとコピーが容易だから簡単に大艦隊シーンが描けますね。
そう考えると銀英伝のころは全部手描きですからねぇ・・・。
銀英伝制作スタッフの苦労が伺えます。

ハルヒから自信の原材料をジト目ドアップで分けてもらい戦闘開始。
ハルヒ27話 CG艦隊戦と「ア○ロいきま〜す」
嗚呼・・・・この多対多の撃ち合いは燃える!
序盤はヒットアンドウェイ戦法を受けてSOS団劣勢。
いきなりハルヒがガ○ダム発進発言。
ハルヒ・・・あなた見てたんですね・・・(´∀`;
長門がコンピ研のズルを見破りゲーム中にプログラム書き換えw
長門自信はインチキをしてないようなので、この書き換え作業は地球人レベル?
仮に地球人レベルだとしても間違いなく人類最強ですね。

キョンの指示を待つ長門。
静かですが凄い眼力です。
かつてこれほど何も言わないのに意思が伝わってくることがあったでしょうか。
ハルヒ27話 長門の静かな主張
部長さんもヤマト的な意味でノリノリです。(デスラーといえば実写映画化されるらしいですね)
この辺のパロディはやはりアニメならではですね。
京アニスタッフの遊び心でしょうかw
そして形勢逆転、一気に追い詰めとどめの一撃。
ハルヒ版「電子の妖精」ですねこりゃw
無表情なのに(むしろ本人も自覚は無いのかもしれないけど)楽しんでるのが分かります。
『You win』でハルヒは満面の笑み。
長門はコンピ研に時々でもいいからと誘われるが、任務以外のことなのに「たまになら」とOK。
読んでる本を思わずキーボードに見立ててしまうぐらい興味があるんですね。
この発言は明確な長門の意思なので実は凄くレアなことだったりするのですが、これにさらに「消失」エピソードが加われば、長門ファンが増えるのにも納得します。

というわけでゲーマー「ユキ」誕生です。
彼女の活躍の詳細は「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」をご覧ください(違