BD「ガンダムUC」の初週売上が「サマーウォーズ」を抜く
アニメBD歴代1位。5.6万枚を記録


つい先週「サマーウォーズ」が、しばらく塗り替えられなかった「ヱヴァ:序1.11」を抜いて1位になったと思ったら、あっさりそれを「ガンダムUC」がさらに抜いてしまいました。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(EVANGELION:1.11)」は49,000枚
「サマーウォーズ」は54,000枚
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」第1巻は56,000枚

DVDも売り上げトップで、BDとDVD共に売り上げ枚数ダブルトップだそうです。
これ以外にPS3などでの配信で見た人を合わせると相当数の人がガンダムUCを見てることになりますね。
先日の記事「ガンダムUC(ユニコーン)発売。素晴らしき高クオリティの宇宙世紀ガンダム」でも「サマーウォーズ」を抜くだろうとは予想しましたが、改めてガンダム作品の底力を感じます。
とはいえ、それはアニメBDの中での話で、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」は26.1万枚ですからねぇ・・・、まさに桁が違う^^;
そもそも実写とアニメという違いがあるので比べられるものではないですし、全世界的に有名なスターの遺作になるわけですから、いくら日本を代表するアニメシリーズといえどもこれを抜くのは容易じゃないですね。

ただ、ガンダムUCはまだ1巻ですからねぇ・・・。
全6巻シリーズなので、シリーズ全体で勝負すれば単純に1巻につき40,000〜50,000枚前後と考えればいい勝負になりますよw(それこそ比べ方の基準が違いますけどw)
2巻は秋発売らしいので、1年に2巻のペースって感じですかね。
全部見終わるのは3年後か・・・長いな〜。

1巻見ていて気づいたことですが、声優が極力少なくなるような構成になってますね。
ネェル・アーガマ関連のキャラたちは全くセリフ無いですしw
一応レギュラーのリディなのにセリフが無いのが可哀相だった^^;
あとはブライトさんか・・・、どうなるんだろうなぁ・・・。
別の声優を充てるのは簡単ですけど、ブライトの名前だけ出して別キャラにセリフ等を代行させるのかもしれないですね。
どちらも違和感は避けられないので一長一短ですが、個人的には後者でお願いしたいものです。

気が早いですが、2巻の見所はNT-Dシステムを起動したユニコーンガンダムの驚異的な機動力と、「シャアの再来」の出番ですね。

さらに気が早いですが、戦艦好きとしては早くゼネラル・レビルを拝みたい・・・ってゆうかキット化してほしい(ノ-'*

機動戦士ガンダムUC オリジナル・サウンドトラック機動戦士ガンダムUC オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:ビデオ・サントラ
販売元:ミュージックレイン
発売日:2010-03-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
ブログネタ
機動戦士ガンダムUC に参加中!