鷲宮のお隣、幸手市には「らき☆すた」原作者『美水かがみ』先生の元住居があります
アニメ「らき☆すた」では泉こなたの家として頻繁に登場しているのですが、原作者の引越しに伴い、現在この建物は『美水かがみギャラリー』として一般公開されてます。

土師祭が終わってレポを書いている中、ちょっと用事で出かけたときに時間が空いてしまったので、幸手ギャラリーに行ってみることに。

実は・・・今回がはじめてのギャラリー訪問です(・∀・;)ゞエヘ
家から車で10分もかからない場所なのに今まで来たことがありませんでした!(キリッ
らき☆すたファンからすれば「にわか」と言われても仕方がない体たらく(;´・∀・`)

美水かがみギャラリー」が出来るという情報をつかんだころから行こうとは思ってたのですが、逆に近いせいか、「いつでも行ける」感が強くて、春の権現堂の桜を見に行くときとか、だれか知り合いが行くときについていこうと思ってたらこの有様だヨ!

というわけで、美水かがみギャラリーレポです。
まずはなんと言ってもアニメOPに登場する「こな田んぼ」。
9月11日だったのでもう稲刈り終わってました。
車で来ようと考えてる人は、写真奥に見える権現堂の駐車場が無料なのでそこを使いつつ、歩いてこの場所を探しましょうw
2010年9月11日の「こな田んぼ」

自分の中で驚いたことは、思っていた方向とはずれていたことです。
てっきりもう一本横にずれた道だと思っていたのに、この場所と位置を確認したときは「あれ!?こっち方向だったのか!Σ( ̄□ ̄;」とちょっと驚きました。
いやはや、実際に来て見ないと分からないものですねぇ〜。

そしてギャラリー(泉家)到着。
幸手ギャラリー(泉家)外観1
表札にも「泉」って書いてあるw
ここが「らき☆すた」発祥の地なわけですね・・・拝んどこうかな(ぉ

最初に見れるのが「こなたの部屋」。
実際には原作者の部屋だったわけです。
こなたの部屋
う〜む・・・、この部屋で「らき☆すた」を描かれていたんですね・・・拝んどかねば〜 (−人−)

続いてお隣の「ゆたかの部屋」。
いいですねぇ〜、某ファンが居心地良くて長時間この部屋にいたという逸話があるだけのことはある(ぉ
ゆーちゃんの部屋
ベッドの上には私の分身がいっぱいです。
え?分身ってなんのことかって?

私の近影はこれですよ?↓
えるっくま
※自宅のソファにて。
最近、姪っ子に(文字通り)振り回されてます(´;ω;`)

そんなことはさておき、さらに進むと、そこにはまさに「美水かがみギャラリー」と言える部屋が。
幸手ギャラリー内
部屋一面にこんな感じで今までの軌跡が!
「おおー・・・」と感嘆するばかり。

個人的に一番驚いたのがROの同人誌があったことw
RO本発見!
しかもタイトルが「らっきー☆すたー」ですよ?
RO本を集めてる者からすると激レア同人誌です(*´ρ`)ハァハァ
テンション上が地味に上がった。
原作者本人さんがRO本を描くほどだったのなら、「らき☆すた」にもそのネタを使って欲しいけど、大人の事情なんでしょうね〜。
その辺は仕方ないですね。

同じ部屋にあるこのルーズリーフのイラストにも「そ〜なんだ〜」という逸話?が。
何気ないイラスト
何気ない物でも、後にこうやって飾られるようになるなんて・・・、人生分からないものですね〜(´ω`)

さて2階に上がるとすぐ見えるのが「そうじろうの部屋」。
見事なまでに和風です。
そうじろうの部屋
ほんとこうゆうの見るとアニメと見比べるためにまた見たくなるw
仏前にはファンのものと思われるいろんなお供え物が置かれてました。

隣の部屋はリビングですが、コミュニティスペースになってます。
リビング
無線LAN環境もあるのでネットもできます。
でもまぁ・・・PC自体の性能とか回線速度が・・・^^;
youtubeでらき☆すた神輿の動画見ようとしたらカクついてました;
でも無いよりは全然ましです!

裏のテーブルの上には・・・おおー!
マイミーオだぁ
マイミーオだぁヽ(´▽`)ノ
痛マイミーオとでも言うべきか。
いいなぁ・・・、ウチのプリンタは古過ぎて壊れてるから、この性能でも全然問題ないです(*´ω`)
いいなぁ〜ほしいなぁ〜。
多分、今「らきすた痛プリンタ」とか出たら買ってしまうと思う(マジで

2階の通路には美水かがみさん自ら描いた『ぎゃらりー1周年&こなた誕生日』を祝うイラストが!
ぎゃらりー 一周年記念
すぐ隣には寄せ書き的なものもありました。
知った名前が結構ありましたw

ちなみにこのギャラリーには屋根裏部屋という感じの3階もあります。
3階
リビング同様、ここもコミュニティスペースになっているのですが、上ってみると部屋一面に写真やらグッズやらものすごい数でした。

らき☆すたグッズのギャラリーと言ってもいいぐらいの種類の多さです。
幸手ギャラリー3階の展示
大抵のグッズならここにくれば実物が見れそうです('-'*

声優さんたちの色紙も飾られてました。
色紙
思ってた以上にいろいろあって驚きました。
韓国の某アニメ雑誌にもらき☆すた特集でここのことが載ってたみたいです。
らき☆すたをとりあげた韓国の雑誌
読めないけど、4ページにわたって「らき☆すたの聖地」の特集がされてました。

あとカードコレクションとかw
某Sさんのコレクション
これは私も会った事がある、とある一人のコレクションらしい。
さすがだぜSさんw

最後は別角度の外からパシャリ。
幸手ギャラリー(泉家)外観2
ギャラリー云々とか抜いても普通に立派なお宅ですね〜。
しかも3階建てだなんて・・・。
もちろん「美水かがみギャラリー」としても結構なクオリティでした。
もっと早く行っとけば良かったですわ〜('ヮ'*

結構枚数は撮ったのですが、概要をまとめるとこんな感じかと。
今更感はぬぐえませんが、一応自分の中では初ギャラリー体験レポでした。


らき☆すた (8)
著者:美水 かがみ
角川書店(角川グループパブリッシング)(2010-10-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
ブログネタ
漫画やアニメの聖地情報 に参加中!