最近忙しくて更新が滞っております(´;д;`)ブワッ
そしてなによりネタが・・・・ない!( ゚Д゚)クワッ
・・・いやまぁ花見イベントとか、ネタになりそうなことはあったのですが、以前の記事でも書いたようにインフルで行けなかったので、行ってなかったり参加してないことは書けないというレポ系ブログ最大の弱点に直面してるわけで・・・・(´Д⊂)

とはいえ、何もしてないかというとそうでもないですよ(`・ω・´)
更新が滞っているのには忙しいとかネタがない以外にもちょっと理由がありまして、2月29日の雪の鷲宮神社を撮影した頃から、鷲宮を題材に自分なりに目標を立ててやってみようと思ったことがあり、今それの準備をしたり実際にやってみたりしてます。
その分、パソコンに向かう時間が減っているので、更新が遅れ気味になってしまってるというわけなので、ご心配なく〜^^

ある程度形になってくればブログでも紹介しますので、もうしばらくお待ちを。
(もう既に1000アクセス以上あるから、気づいてる人は気づいてるかもですが・・・^^;)
あっ、ちなにみ本当に個人的で自己満足な目標(知っても「( ・∀・)つ∩ヘェー」程度)なので期待しないでくださいね('-';

言い訳が長くなりましたが、そんなわけでネタがないため、鷲宮神社境内に合祀されている末社についてご紹介したいと思います。
なんで合祀末社なのかというと・・・、鷲宮神社境内の本殿を含めた全部の末社に「ブログネタをください」とお願いすれば、いつも以上に何か御利益がクルかと思いまして・・・・(・∀・)ゞエヘ (←御利益を期待している時点でアウト)

その参拝ついでに撮影してきたので、そのことすらブログネタにしようという(ネタの枯渇っぷり)逞しさヽ(`・ω・´)ノ

ちなみに私は神社仏閣にはそれほど詳しくないですし、自分なりに調べたものなので、情報が古かったり誤りもあるかもしれませんが、まぁアバウトに多分こんな感じなんだろうぐらいに思ってください。
むしろ詳しく知っている人がいましたら修正しますのでご連絡ください。

末社紹介と書きましたが、やはり鷲宮神社の御社殿をまず紹介しないと失礼に当たると思うので、最初はみなさんお馴染みの拝殿から。
鷲宮神社拝殿
鷲宮神社のサイトを見ると、鷲宮神社拝殿の奥にある御社殿(鷲宮神社と神埼神社)の祭神として、

天穂日命(アメノホヒノミコト)
武夷鳥命(タケヒナノトリノミコト)

大己貴命(オホナムヂノミコト)

が奉祀されているみたいです。
鷲宮神社御社殿
画像中央に見えるのが先に建てられた「神埼神社(大己貴命)」で、左奥に見えるのがその後建てられた「鷲宮神社(天穂日命、武夷鳥命)」みたいですね。
いわばこの御三神が鷲宮神社の代表なわけです。
2つで1つの鷲宮神社という感じでしょうか・・・、こうゆう形態は珍しいですね。
まるで双子のようなところが「らき☆すた」ファンにとって、まさに鷲宮神社といえば「かがみ」と「つかさ」と言っても過言ではないと思える要因なのかも・・・。
商売繁昌・出世金運・厄難消除・交通安全・家内安全・縁結び・病気平癒・・・と、御神徳(御利益)がすごいです。
とりあえずはここだけ参拝しておけば諸々OKというわけですね。


鷲宮神社サイトをさらに見ると、鷲宮神社にはこれらの他に、「九柱」と呼ばれる9つの合祀されている祭神の神社があるようです。
鷲宮神社を守る「九柱」・・・と聞くと、なんか「3人の神様を守る9人集」・・・という漫画にありそうな設定を連想してしまうのは私だけ? (ノ-'*
とはいえ、九柱の各神様は日本全国で名前を知られた位の高い神様ばかりなので、一概にどれが一番すごいとかはわかりませんが^^;
要は鷲宮神社の境内には、これら全国で名の知れた神様が祀られている神社の末社(出張所のような感じ?)があるわけです。
それらを参拝すれば、鷲宮にいながら各有名神社にも参拝したことに近い御利益がある・・・ということなのかもですね。

それら「九柱」の神様は以下のとおり(鷲宮神社サイトより)

武御名方神(タケミナカタノカミ)
伊邪那美神(イザナミノカミ)
大山祇神(オホヤマヅミノカミ)
宇迦之御魂神(ウガノミタマノカミ)
大山咋神(オホヤマグヒノカミ)
天照皇大神(アマテラスオホミカミ)

迦具土神(カグヅチノカミ)
素鳴戔尊(スサノオノミコト)
菅原道真(スガワラノミチザネ)

以上となっていますが、境内にはこれらに関する案内等がありませんので、自分なりにこれだと思う9つの神社の末社を以下に紹介していきます。

まずは絵馬掛け所の近くの光天之池(みひかりのいけ)の前にある久伊豆神社
久伊豆神社 鷲宮神社の合祀末社
埼玉県の元荒川流域を中心に分布する神社で、越谷市にあるのが一番有名です。
久伊豆(ひさいず)が「くいず」と当て字的に読めてしまうことから、今では越谷や岩槻の久伊豆神社にクイズ番組関係者が参拝するようになり、クイズイベント参加者にとっては優勝祈願をする人がいるようです。
ちなみに、祭神は大己貴命らしいです。
・・・あれ?でも大己貴命はすでに神埼神社に・・・アレ?(゚∀。)
鷲宮神社は関東最古と言われているだけあって、現在に至るまでにその辺が曖昧になっているのでしょうか。
とりあえず、今回はアバウトな紹介ということで、詳しいことはスルーします。
久伊豆神社の詳しいことは「久伊豆神社」で、みwikiさんに聞いてください。


長くなりそうなのでどんどん紹介していきます。
同じく絵馬掛け所の近くにある八坂神社
八坂神社 鷲宮神社の合祀末社
京都にあるかなり有名な神社ですね!
祭神が素鳴戔尊(スサノオノミコト)ですよ!ヤマタノオロチですよ!w
94年頃に放映された『ヤマトタケル』という特撮映画を思い出したのは私だけでしょうか!w
それにしても、らき☆すたファンからすれば、「八坂」と聞くと八坂こうちゃん先輩を思い浮かべるのではないでしょうか。
俺・・・美水かがみ先生に質問する機会があったら、八坂こうの「八坂は八坂神社からとったのですか?と聞いてみるんだ・・・。
それはそれとして、御神徳は無病息災・方位方災除みたいですので、それらの御利益が欲しい方は是非ご参拝を!
詳しくは「八坂神社」でwikiりましょう。


千貫神輿の入る神輿庫の裏手にあるのが諏訪大神(諏訪神社)
こちらは石碑のような感じですが、ちゃんと鳥居がある立派な末社です。
諏訪大神(諏訪神社) 鷲宮神社の合祀末社
長野の諏訪湖にある日本有数の古い神社とされる諏訪大社として有名です。
武御名方神(タケミナカタノカミ)を祭神とする神社で、商業振興の御神徳だそうです。
鷲宮神社が整備される前はこの石碑の裏側に子供が通り抜けられる抜け道があったり等々、色々書きたいことはあるけど、まだ他にも紹介する神社はあるので割愛します^^;
諏訪神社に関する詳しいことは「諏訪大社」でwikiってください。


次に、鷲宮神社御社殿の裏側にあるのが粟原神社
栗原じゃないよ、粟原(あわはら)ですよ|ω・)
粟原神社 鷲宮神社の合祀末社
石川県に同名の神社はあるようですが、関連があるのかまでは分かりません。
鎌倉時代あたりから戦国時代まで、鷲宮神社のすぐ西側に粟原城という鷲宮神社の社領の領主の居館が築かれていたらしいのですが、それと関係がありそうかも。


続いて、神楽殿のすぐ横にある姫宮神社
姫宮神社 鷲宮神社の合祀末社
鷲宮の近くでは、宮代町にも同名の神社がありますが、姫宮神社でググっても総本社に関する情報が特定できないので、詳細は不明です。
仙台市にある同名の神社が元になっているのであれば、宇迦之御魂神(ウガノミタマノカミ)が祭神になっているので、これかもしれません。
でも宇迦之御魂神(ウガノミタマノカミ)ですと、こちらはお稲荷様ということになるのでしょうか?
どなたか知っている人がいましたら教えてください^^;

番外ですが、神楽殿と姫宮神社の間にはこんなものがあります。
力石(ちからいし) 鷲宮神社
力石(ちからいし)です、「りきいし」ではありませんw
石を持ち上げる力試し的なものなのでしょう。
でも手前の石柱はなんでしょう・・・、ここに1回でうまく乗せられれば願いが叶う・・・とかそうゆう系ですかね?
特に説明もないので謎です('-';

参道を鷲宮神社拝殿よりさらに奥へ進むと見えてくるのが八幡神社
ちなみに、この鳥居のすぐ横にあった木が去年の台風で根元から倒れました
八幡神社 鷲宮神社の合祀末社
八幡神社も稲荷神社同様に日本全国にありますね。大分県にあるのが総本社?
鷲宮神社の末社とはいえ、この八幡神社独自のちゃんとした鳥居と参道があります。
八幡神となると、祭神は応神天皇(誉田別命(ほんだわけのみこと))ですが、鷲宮神社サイトにはその表記はありません。
となると、八幡神社は九柱ではない???でもこんな立派な参道もあるのであれば当然入っているはずなのですが・・・う〜む・・・謎です。
八幡神に関しては「八幡神」のwikiをご参考にしてください


次は鷲宮神社の森の中にある鹿島神社
ちなみにこちらは鷲宮神社の伝承に出てくる昌彦・昌武親子の直系の子孫にして、神社の生き字引とも言われている針谷さん(土師一流催馬楽神楽保存会会長)という方の家の氏神だったものを境内に納めたものらしいです(「らき☆すた おきらく開運&ゆるっと合格祈願セット」の冊子より)。
鹿島神社 鷲宮神社の合祀末社
鷲宮神社の森の中にあるため、なんとなく神聖な感じがします('-'*
鹿島神社は茨城県にある鹿島神宮が総本社の神社で、武甕槌神(タケミカヅチ)が祭神です。
こちらも鷲宮神社の九柱には表記がないので、違うのでしょうか・・・。
鹿島神社に関することは「鹿島神宮」のwikiをどうぞ〜。


続いて鹿島神社のすぐ横にあった・・・、えーっと・・・、何も書いてない!?堯゚д゚lll
稲荷社 鷲宮神社の合祀末社
調べてみたところ、社のすぐ横の石碑に「宇・・・(うまく読めませんでした^^;)」と書かれているので、宇迦之御魂神(ウガノミタマノカミ)?
だとするとこちらが稲荷社?
こちらもよくわかりませんでした(´・ω・`)


さらに森の奥へ進むと一番奥に鎮座しているのが神明神社
森の一番奥にあるだけあって、鷲宮神社の森を守っている・・・といった感じです。
この森が別名「鎮守の森」と言われているのがなんとなくわかります。
民家が周りにないですし、位置的に(電車が通らなければ)すごく静かで落ち着きます。
神明神社 鷲宮神社の合祀末社
こちらも有名ですね、「お伊勢さん」でお馴染みの伊勢神宮が総本社です。
神道側の最高神とも言われている天照皇大神(アマテラスオホミカミ)が祭神で、鷲宮神社サイトによれば家内安全の御神徳とのこと。
関係ないけど、そういえば私の家の仏間には天照皇大神の掛け軸が掛かってます(何
詳しくは「神明神社」で(以下略

最後に番外ですが、この鎮守の森の奥には分かれ道があって、その中の一つを進むと境内には戻らず、森の外に出れます。
鎮守の森を抜けた先 鷲宮神社
この先は実際に行って確かめてみてください^^


大まかですが、以上が鷲宮神社合祀末社の紹介ということで・・・^^;
紹介になっていないところも多々ありますが、専門家じゃないのでスミマセン(´・ω・`)
あと、詳しく調べたわけではないので、間違ってるかもしれません・・・、もし間違ってたらゴメンナサイ ・゜・(ノД`)・゜・

中途半端な紹介だったわけですが、ぶっちゃけて言えば、昔から参拝する人のほとんどは由来や何が祀られているか等の細かいことが分からなくても参拝するものですし、祭神や御神徳が分からなくても、鷲宮神社境内にあるのですから、全部参拝してしまえばいいのです。
なので、私も「ブログのネタになりそうなことが起こりますように(吉報的な意味で)」と全部にお願いしてきました!ヽ(`・ω・´)ノ(←御神徳と全然関係ない!

「鷲宮神社の拝殿だけは参拝したことはあるけど、まだ末社を参拝したことがない」という方がいましたら、せっかくだから鷲宮神社境内中の神社から御利益をもらっていきましょう!
鎮守の森 鷲宮神社
森の中とかを探すのもプチ探検みたいでいいですし、小さいけど森ですから、少しの間とはいえ森林浴気分が味わえますので、散策すると気持ちが落ち着きますよ^^

らき☆すた おきらく開運&ゆるっと合格祈願セット
らき☆すた おきらく開運&ゆるっと合格祈願セット

ブログネタ
鷲宮(らき☆すた)情報 に参加中!