皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。
毎年この時期になると言ってますが、我が家は田植えです。
どんな感じの田植えをしているのかは、去年の記事「田植えなう!in2011 えるる米(鷲宮聖地米)量産計画」や、一昨年の「田植えなう!in2010」を参考にしてください('-'*

毎年のこととはいえ、同じようなことを書いても芸がないので、今回は田植えをしながら撮影した風景を紹介したいと思います。
我が家の田植え
芝桜を手前に撮影したらこんな感じ。
ってゆうか・・・、田植えで忙しい時にカメラ持って撮影している私って・・・(・∀・)

場所は変わって別の田んぼ。
あいにくの曇り空なので、暗い感じですが、田植えをする側からすれば、春とはいえ下手に晴れると日差しがすごくて暑く、日焼けしてしまいます。
かといって雨が降ると、春とはいえ少し冷たい雨になるので厄介です。
このぐらい曇ってて涼しい方が楽ですね〜。
綺麗に植えられていく苗
綺麗に揃いつつ植えられていく苗を見てると、つい撮りたくなってしまう (ノ-'*

そういえば飛行船が飛んでました。
飛行船と田植え機
最近毎日のように見えてます・・・、宣伝期間中?
田植えとは全然関係ないけど、飛行船をよく見かける・・・そう思うとあのゲームを思い出す(*´ω`)

きっと今なら私にも不思議な力が!ヽ(`・ω・´)ノ 

話を戻して田植え風景。
我が家の田んぼからはJR宇都宮線と東武鉄道の東武伊勢崎線がよく見えます。
貨物列車と水田
時折、JR宇都宮線の遮断機の音がして、カメラを向けると貨物列車のコンテナの長い車列が撮影できたりします。
鉄道オタクではないですが、のどかな田園風景を通る列車ってなんか良いものですねぇ。

あまり見ない珍しい(のかどうかもよく分かりませんが)車両も通ってました。
珍しい車両
普段は通りすぎるだけの場所ですが、同じ場所でしばらく田植え作業をしているからこそ見れた列車です。

東武鉄道も画像のとおりよく見えます。
逆に言えば、東武伊勢崎線の車窓から、ウチの田んぼ丸見え (ノ-'*
東京方面から電車で鷲宮を巡礼する人なら実はよく見えてたりするわけです。
東武線と水田
水田の水面に映る東武鉄道を撮れるのは、苗を植えたばかりのこの時期しかないですね。
東武鉄道とJRが立体交差する場所で東武車両とJR車両を同時に撮れれば、それなりにレアな写真になりそうです。
田植え中は曇がいいですが、撮影するなら晴れてれば尚良しですね。

というわけで、今年の田植え模様でした〜。

その後・・・

今年は天気予報で雨が降りやすい天気だったので、例年以上に早く終わらせた田植えなのですが、5月2日〜3日にかけて大雨が降りました。
田んぼの様子を見に行ったらこんなんなってました( ´・∀・`)っ
大雨で・・・
水位が上昇し過ぎて植えた苗が見えなくなってるぅー/(^ω^)\
しかも隣の田んぼとの境もほとんど見えなくなってます^^;
結構な降水量だったわけですねぇ・・・。

ちなみに水は排出できるので、雨が弱まり次第作業して基本的には無問題。
こんな状態が数日続いてしまうとヤバイですが、数時間程度なら大丈夫です!ご心配なくヽ(`・ω・´)ノ

これから稲刈りまでの間、こうした水の管理が重要になってくるわけです('-'*

『らき☆すた』と学ぶ 化学[有機編]が面白いほどわかる本
ブログネタ
田植えしたことありますか? に参加中!