らき☆すたミュージカル「らき☆すた≒おん☆すて」が9月30日に千秋楽を迎えました。
30日は昼と夜、両方観させていただきましたが、正直なところ、レポブログなのに文字でその感動を表現できる自信がありません、こんなこと初めてです;
レポしようと記憶からあの千秋楽を思い返すたびに涙腺がゆるみます。
普段はどちらかというと淡白な性格ですが、お世辞なんか抜きで、ここまで感動したと思えた日は今までありません。
7月20日の最初のプレイベントから今までをレポートしてきた身として、この舞台の成長と最後を観れたことは何ものにも代えがたい貴重な体験と思い出になりました。

いきなり感想から入ってしまいましたが、レポブログらしく、まずは当日の様子をお伝えしていきます。
むしろ当時の様子を思い出しながらの方がより感想を書きやすいので(涙腺も緩みやすいけどw)。

過去記事のキャストさん紹介記事を書き終えたのが30日の朝・・・つまりは当日の朝^^;
オリジナルキャストさんたちの紹介を1人ずつ考えてたら、思いのほか時間がかかってしまいましたが、なんとかして千秋楽が始まる前に書ききりたかったので・・・。
連続でこんなに記事書くなんてまずないですし、ブログ書いてて肩がこったのは初めてです^^;

23日の時点では、千秋楽は夜の部のみ買ってましたが、この1週間観れなかったことによる禁断症状的なものでもあるかのようにもっと観たくなり、昼の部も買えるならということで、最終日は昼と夜両方観ました^^
昼の部は当日チケットを買うために早めに出発するつもりでしたので、軽く仮眠だけとって水道橋に向かいました。
ツイッターでもつぶやきましたが、電車の中では・・・『書いた・・・書ききった・・・キャスト全員をなっ!・・・しかも(千秋楽)当日になっ!状態でしたw
チケット販売開始前の10時過ぎに水道橋到着。
水道橋よ!私は還ってきた!ヽ(`・ω・´)ノ(1週間ぶりにナー
水道橋の東京ドームシティ前
やっぱりこれは撮らないとね!
台風17号が向かっているのが嘘のように天気は良かったです。
23日から1週間ぶりですよ。
既に3回観ていますが、観る度に楽しめるのがわかっているので、もうこの時点で内心のテンションが最初からクライマックスですヽ(゚∀。)ノ

ミュージカルというもの自体は、今回の「らき☆すた≒おん☆すて」が初めてな私なので、他のミュージカルと比べようがないのですが、観る度に楽しめるという意味では、映画とは逆ですね。
映画は最初に観た時が一番楽しめると思います、もちろん2回目以降も細かいところに気づくこともあって楽しめないことはありませんが・・・。
しかし、4回、5回とあまり間をおかずに観ると、流石に最初の頃に観たときの楽しさはどうしても薄れるものだと思います。
私が感じた「らき☆すた≒おん☆すて」はそんな映画の感覚とは全く逆でした。
ストーリーの流れは同じかもしれないけど、むしろその同じストーリーの中でのキャストさんの生の演技と遊び心、そして失敗も含めた成長が観れることが、「らき☆すて」の特筆すべきところの一つ、「観る度に面白くなるミュージカル」なのだと思います。
今回の千秋楽でそれが実証されました(*´ω`)

チケットも良い席が取れたので安心したあとは開場の時間まで「らき☆すたカフェ」へ。
朝まで何も食べずにブログ書いてたので普通にお腹空いてました。
そんなわけで朝から「らき☆すた にくにくステーキ」だぜー!ヽ('¬'*)ノ
らき☆すた にくにくステーキ
「かがみ」と「つかさ」のツンダレうまからソースを交互に付けて、アメリカンライス(バターライス)と一緒に食べました。
なんじゃこりゃー!まじで(;゚д゚)ウマー!
久しぶりに良いもの食べたきがする・・・食べといてヨカッター。
味的な意味でも良い思い出に(*´ω`)

こないだは注文しなかった「らき☆すたサンデー」にも舌つづみ。
らき☆すたサンデー
肉とデザートのおかげで、お腹も準備万端!ヽ(`・ω・´)ノ

食べ終わる頃には昼公演の開場時間に・・・。
1週間ぶりです、この1週間の間に観た人の感想を見ると、「どんどん良くなってる」とか「いろいろパワーアップしてるw」等の評価が見れてたので、ワクワク感がハンパないw
見せてもらおう・・・この1週間の成長とやらを!ヽ(´ー`)ノ

(観劇中・・・もとい、感激中.*・゜゚・*:゜(n*‘∀‘)η゚・゚・*☆)

そして終了・・・

良くなってた・・・(;゚д゚)しかもパワーアップしてた・・・

何がというと、キャストさんたち全体のクオリティが上がってた。
セリフ等でかんだりすることはなかったですし、何より滑舌も良くなってました。
歌も「埼玉名物LOVE!」の早口部分が、しっかり聞き取れたので驚きました。
あれって、みゆきさんやつかさたちメインキャラのパート意外だと複数人で歌ってるので揃えて歌うのは相当難しいはず・・・しかもそれを早口でなのだから、オリジナルキャストさんたちの上達っぷりがよく分かりました。
あれ?かがみん声量上がってる?(゚∀゚;≡;゚∀゚)なんか上手くなってるんですけど・・・。
初日の時点でも十分上手くなってたと思ったのに、まだ成長している・・・だと!? ・・・かがみん・・・恐ろしい娘(ノд゚;)

ちなみに黒板は『人生こなた\(=ω=・)/』

オリジナル楽曲についてですが、らき☆すて公式サイトで全楽曲が紹介されたので、今回は各楽曲についても個人的な感想を。

埼玉名物LOVE!
タイトルもからも分かるのですが、埼玉名物押しの楽しい楽曲w
サビの部分はリズムに合わせて頭を左右に振って楽しめますが、その他のパートが少々早口になるので、ちゃんと歌うには練習が必要ですね。
そうゆう意味でも、あれをちゃんと歌いきれたキャストさんたち・・・すごいっす。

しんでも好きな人
らき☆すて楽曲の中でも屈指の泣けるいい曲です(ノ∀`)
アニメ「らき☆すた」22話をよく見ているからこその歌詞もそうですが、デュエットなのでさらにくるものがあります。
三宅さんの「泉そうじろう」の魅力は面白いだけじゃないことを再認識する楽曲です。
歌の最後に、三宅さんの口が何かを喋っているのが見えたのですが・・・聞くのは野暮ですかね(´ー`)

黒い取引
遊び心のある「ちょいわる」な感じの楽曲で、ワルを装いつつも、歌詞が2人らしいので、観ている側はむしろ(・∀・)ニヤニヤしてしまう感じ。
黒井先生の見せ場の一つなのでファン必見です^^
あの高笑いをみて思いました「うわぁ・・・楽しんでる・・・・(゚∀゚;)楽しんでるよこの2人」と思いました!

SHYなのよ
みなみちゃんと、ゆーちゃんの可愛らしさと、つかさの天然(?w)さが存分に表現されている楽曲。
内面の心情と前向きな想いが歌詞に表現されてて、ほんわかする癒し系ソングです。
サビは耳に残りますねw 
実際観終わった知人の中で、サビのフレーズを口ずさむ人を何人か確認w

オワコンのうた
あきら様最大の見せ場にして、ロック調で盛り上がるカッコイイ系サウンドの楽曲!
途中でぶったぎられたりと不遇な(?^^;)な扱いにもめげずに、むしろ立ち向かっていくかのような・・・、あきら様らしいナンバーです。

小さいことは良いことだ・・・
小さい派の心の叫びと、大きい派の余裕感を表現したコミカルで元気のある楽曲。
圧倒的に小さい派(中も含む)の方が多いのも「らき☆すた」らしい?
ある意味、みゆきさんを題材にした楽曲なのですが、私としては、みなみちゃんの動きに特に目がいってしまってました^^;

あしたがくれば・・・
『しんでも好きな人』と並ぶほど感動する名楽曲。
歌詞も素晴らしくて、楽しい明日を願う気持ちと、前向きで希望を持った内容。
公演初日にいい曲だなぁと思い、公演後にパンフレットで歌詞見て感動し、2回目の公演でじっくり観て本当に名曲だと思いました。
最後に、こなたが一人観客席の前で歌うところは、ジーンときました。


以上が各楽曲についての簡単な感想でした〜。
最後の曲はあとに回して先に進めます。

今回のゲストはモモーイこと、桃井はるこさん。
UNDER17で、いちご〜GO!GO!♪ヽ(>ω<*)ノ・・・の頃からCD聴いてました!
でも生で見るのは初めて(*´ρ`)
海外にはコスプレ大好きな人がいっぱいいるので、「らき☆すて」で海外公演したら?との提案もw
ワールドワイドなミュージカル「らき☆すて」('-'*
特撮の聖地ということで、「非公認戦隊アキバレンジャー」を熱唱!
非公認が聖地で歌うことで、ある意味公認に!?w


演技自体も、細かいところでキャストさん個々の方向性がはっきりわかってきましたw
みなみちゃんの、ゆーちゃんを守ろうとする姿勢にはなんか感動した!w
1週間前には見られなかった「キャラらしさ」がより引き立っていました。
ダンスも、キレの向上や揃いっぷりも然ることながら、登場の仕方が前と変わってたりする等、4回目なのに新鮮身があってさらに楽しめました。

あとこれも言いたい、観客のペンライト振りのスキルレベルが格段に上がってたーw
E列から見ましたが、自分より前のみんなが凄かったです。
『雨上がりのミライ』や『小さいことは良いことだ・・・』等では、サビなどで歌ごとにペンライト振る動きに特徴があり、しかもそれが揃ってました。
中でも赤いペンライト(スペシャルリザーブ席専用ペンライト)を持つ勇者達は、「らき☆カフェ」でのキャストさん交流の際に練習したようで、明らかに訓練された猛者でしたw
おまいら、訓練の成果がでてるぞ(ノ∀`)

私はもそれに習ってオレンジとグリーンを振ってました (」・ω・)」  (/・ω・)/
残念ながら私は勇者ではなく、一般席しか買っていなかったので赤を持つことはありませんでしたが、そんな彼らに負けないぐらい振りましたよ!ヽ(`・ω・´)ノ
さすがに4回目なので、だいぶタイミングも分かってきましたしね!
スペシャルリザーブ席、もちろん買いたかったですけど、私は12,800円を使って1回観るなら、一般席で2回観る方を選んで楽しい時間を少しでも増やす!(`・ω・´)それが私なりの「らき☆すて」という舞台をどれだけ観たいかの姿勢。

ペンライトといえば、中盤の盛り上がり所では特に振ってて楽しかった^^
改めて思いましたが、この曲構成考えた人、グッジョブとしか言い様がないですね。
『READY!!』のころになると鳥肌ものです、あの高揚感は事前の曲構成での雰囲気作りと盛り上がり感があればこそですよほんと。
過去私が見た中では無かった掛け声もあり、キャストの「ARE YOU READY?」に観客席が負けないぐらい大きな声で「I'M LADY!」と返すところとか、本当にライブのようで、これまでにないような盛り上がりでした。
まさに「舞台と客席が一体となった」という表現そのままです。
パワーアップどころじゃないぐらい、期待以上の楽しさでした。
昼も夜もでしたが、ペンライト振りすぎてこの直後は腕が疲れました^^;

もちろん一番頑張った&楽しかったのは終盤ですよ!
待ちきれないのでカードバトル終了後辺りからすでにペンライトを構えてましたヽ(・∀・)ノ(らっきー☆しあたーがあるのにw)

終盤の「もってけ!セーラーふく」実に良い!迫力感あるアレンジがまたさらに良い!
チアなのは言うに及ばず、全員で踊る様子は壮観。
男性陣パートも、まるでお祭りのような力強さの掛け声があり、それに合わせてペンライトを振る側にも力が入ります。
みなみとみさおのダンスパートも、運動得意なこの2人が本気になったらこんな感じのことやっちゃいそうだし、そうゆう意味でもはまり役ですね!
あと・・・最初のプレイベントを見ている自分だからこそ感動したことがありますが、それは夜の部の時に書きます。

そしてここで最後のオリジナル楽曲紹介。
おんすて!オトメたちがとまらない!
「らき☆すた≒おん☆すて」のテーマソングですが、こちらも甲乙つけがたいほど素晴らしい名曲です。
しんみり終わるのではなく、とにかくみんなで楽しく元気にワイワイする曲で、盛り上がりまくります^^
手拍子したいしペンライトも振りたいw
最高潮の盛り上がりにふさわしい、観ていると楽しい気持ちになる、まさに「らき☆すた≒おん☆すて」らしい曲だと思います。

最後の曲も終わり、昼の部終了。
うは・・・うっすら汗が・・・ペンライト振りすぎた^^;

このミュージカルのために、先週に引き続き遥々四国から来ていた知人が斜め前の席に座っていたのですが、感動で泣いてました。
また良いものが見れました(*ノω`)

相当期待して観たわけですが、見事に期待以上でした!
昼の部も観に来ておいて本当に良かった!
これがあと残り1回で終わってしまうと思うと、非常に寂しい気持ちでいっぱい。

そして、レポ後半は感動の「らき☆すた≒おん☆すて」千秋楽夜の部に進むわけですが、その前に中編『らき☆すた≒おん☆すて千秋楽レポ中編 私なりの「らき☆すて」レポ総括』へ・・・
ブログネタ
らき☆すたミュージカル「らき☆すた≒おん☆すて」 に参加中!