2011年2月14日の鷲宮神社で「年越祭」が行われました。
年越祭は鷲宮神社での節分に当たる祭典です。
通常、節分は2月3日頃なのに、どうして14日なのかというと、全国の節分祭が終わる頃(全国の節分祭の最後を鷲宮神社で行うという意味)なのだそうです。
それだけ鷲宮神社の位が高い、という解説がされていました。
鷲宮神社の年越祭
鷲宮神社ではこのような祭事のとき、神楽が奉納されます。
鷲宮神社の神楽は、「鷲宮催馬楽神楽(わしみやさいばらかぐら)」(正式名称:土師一流催馬楽神楽)と呼ばれ、関東神楽の源流とされ、国指定の重要無形民俗文化財に指定されています(wiki調べ

実は私、催馬楽神楽をちゃんと見たことがなかったりします^^;
祭事は年に数回しか行われませんし、なかなかピンポイントでその日に神社へ行くことがないので、貴重な体験。
記録も兼ねて一部を撮影もしましたので、以下に簡易レポ書きます。

※一部の解説は見聞きしたことなので間違っている箇所があるかも知れません。

【鷲宮神社の年越祭。催馬楽神楽(さいばらかぐら)の端神楽(はかぐら)と雪の鷲宮】の続きを読む