鷲宮におけるまちおこしの経緯

2009年

  

1月

 元旦~3日、三が日の鷲宮神社参拝者数が42万人に。


3月

 3月3日
「鷲宮町商工会の新たな挑戦!まちおこしドラマ「鷲宮☆物語(仮題)」~あなたも一緒にまちおこし~」企画案の一般募集開始。


 3月28日~
鷲宮町商工会・幸手市商工会と連携し、「桐絵馬型携帯ストラップ」第四次分、8,000個を再販。全12種類、計3,000個(約3ヶ月で完売)。


7月

7日
柊姉妹誕生日緊急企画「らき☆すたクイズ」、「間違い探しゲーム」を実施。大酉茶屋前に竹と短冊を用意。大酉茶屋にてバースデーケーキセット77食限定販売し完売。約300名が訪れる。


 18日
「萌フェスin鷲宮2009~あなたが痛いから~」開催。来場者数2,500

レポート記事リンク 

萌フェスin鷲宮2009で痛車写真撮って来ました!主にらきすた痛車とか
萌フェスin鷲宮2009の痛車写真の続き@けいおん痛車からピカチュウ痛車まで!
萌フェスin鷲宮2009の優勝痛車紹介@コンテスト発表時の動画付

 

8月

2日
痛車グループの痛車@鷲宮30名が鷲宮町内を自主的に美化清掃活動実施


9月

9月初旬
昨年設置した商店街の街路灯に、県・町の支援を受け商工会が柊姉妹のイラスト入りフラッグを取り付ける。


6日
土師祭に「らき☆すた神輿」がイラスト部分を一段増やす形で登場。63,000人来場。

 
 
レポート記事リンク

10月

8日
埼玉新聞が別刷り特集「らき☆すたinサイタマ」を発行。


8日~
鷲宮町商工会・幸手市商工会共同スタンプラリー「らっきー☆すたんぷらりー」始まる。飲食店15店舗(Aコース)、小売り業・サービス業47店舗(Bコース)の計62店舗が参加。20101212日まで実施予定。


11月

22日
埼玉新聞65周年記念書き下ろし絵馬ストラップ販売。3種類、各1,300個、計3,900個。単価630円。約3ヶ月で完売。
 
埼玉県、東武鉄道、他県東部の東武鉄道沿線4商工会連携イベント「ちょ~でぃーぷな埼玉フェスタ」の一貫として鷲宮町コミュニティ広場にて『痛車だよ!全員集合!~ドン引き!?痛車だらけの萌☆輪ぴっく~』開催。痛車は61台参加。萌☆輪ぴっくは約100名が参加。来場者は約1,000名にも及んだ。


12月

31日
柊一家特別住民票(第二弾)、販売開始。3万枚印刷。一部300円。
ツンダレソース新発売。

 
 
レポート記事リンク  

らきすた特別住民票とツンダレソースを入手!@「鷲宮☆物語」予告編QRコード