鷲宮におけるまちおこしの経緯

2013

 

1月     

元旦~3日
三が日の鷲宮神社の参拝者数が昨年と同数の47万人に。
ツンダレソース、うま辛ソース、甘酒おみき、発泡清酒おみき再販。昨年に続きSEGAくじも販売。ゲーム作品「グリザイアの果実」と鷲宮商工会がコラボし初売り出店者並びに露天店舗で、グリザイアの箸袋と買い物袋が配布され大きな反響を得た。
ミニFMラジオ鷲宮年末年始特別放送実施(12/31~1/3)年明けにFM NACK5のカウントダウンが中継される。

 
レポート記事リンク

12/31~4日
「らき☆すた×ローソン鷲宮東大輪店」コラボ企画開催。ローソン鷲宮東大輪店がらき☆すたのラッピングがされ、新商品「らき☆すたしょうゆラーメン」が発売される。
「らき☆すた≒おんすて」泉こなた役の酒井蘭さん、柊かがみ役の櫻井ゆりのさんが、一日店員やFMラジオ鷲宮に特別出演をしファン約100名が熱狂した。


1日
鷲宮神社絵馬掛け所において、らき☆すた原作者美水かがみさんが、らき☆すたスピンオフ作品「宮河家の空腹」のアニメ化を絵馬を用いて発表。大きな反響を得る。


3日
『第15回オタ婚活書き初め編~おたはねっ!~』を開催。正月ということで参加者に書き初めをしてもらった。男性9名、女性8名が参加。8組中1組がカップル成立。


2月

10日
らき☆すたファン有志による鷲宮初の同人誌即売会イベント「らき☆フェス」が、鷲宮の上町集会所、仲町集会所の2会場で開催され30サークルが参加しファン300名が来場するなど大成功に終わった。


24日
オタ婚活初の結婚カップルが、鷲宮商工会青年部プロディースにより初めてのオタ結婚式を鷲宮神社で、オタ結婚披露宴を鷲宮商工会館2階で開催。
披露宴ではオタ婚活スペシャルサポーターの声優福原香織さんからのお祝いメッセージと、らき☆すた原作者の美水かがみさんからのスペシャル色紙が贈られた。


3月

2日
埼玉県観光課事業、アニメとスマートフォンを活用した観光誘客事業の一環で、ARゲームアプリ配信開始に併せて大抽選会を開催。約200名が参加した。

 
レポート記事リンク

4月

28日
『第1回オタ友活フレンド編~僕は友達を作りたい~』を開催。婚活疲れや婚活では重いという意見が多数寄せられたことから、もっと気軽に出会えるオタ友活を初開催。男女16名が参加。内9名が鷲宮の飲食店を利用し二次会に参加。


5月

26日
青年部主催、アニメファンによるさつま芋の苗を植えるイベント「俺の植えた芋がこんなに美味いわけがない。」が実施され、ファンと青年部員でさつま芋の苗を約300本が植えられた。


6月

28日
ミュージカル「らき☆すた≒おんすて」黒井ななこ役の小新井涼がラジオ鷲宮に毎月第4金曜日の午後8時~10時までレギュラー出演が決定。その名も「小新井涼の鷲宮で飲ませて下さい!!」毎回鷲宮の飲食店を巡るラジオ鷲宮初の移動式放送。内容も飲食店だけにお酒を飲みながら語らう番組。初回にあたる6月は光寿司にて放送。
 
レポート記事リンク
光寿司さんでラジオ鷲宮番組『小新井涼の鷲宮で飲ませて下さい!』が放送されました


7月

7日
柊姉妹誕生日イベント開催。ミュージカル「らき☆すた≒おんすて」黒井ななこ役の小新井涼がラジオ鷲宮出演。更に会場には特大柊姉妹ケーキ入刀、宝探しゲーム「俺の嫁を探せ」、大抽選会等のイベントを開催。来場者約500名が参加。



レポート記事リンク
らき☆すた柊姉妹誕生日イベント2013開催。猛暑の中、多くのファンで賑わいました


7日
午後6時より青年部プロディースによる初の大酉茶屋夜営業が実施され、多くの客で賑わった。


8月

17日
鷲宮出身の公務員ランナー川内優輝選手の応援キャラクターを青年部が、らき☆すた原作者美水かがみ氏に依頼し制作された。名前は「武比奈まい」。由来は神社の祭神の名前と神楽の舞から取られた。キャラクターの名前と髪型はじめ服装など、川内選手自ら美水先生に要望し完成された。
川内選手が出場する世界陸上モスクワ大会の男子マラソンを青年部主催のパブリックビューイングにてキャラクターをあしらった応援旗などを使い、市民やオタクや商工会関係者50名で応援した。川内選手は18位となり前回の世界陸上大邱大会と同順位だった。

レポート記事リンク
「武比奈まい」(美水かがみ作)川内優輝応援キャラの完成を久喜市長に報告


9月

1日
第31回土師祭開催。今回より初めて会場を鷲宮コミュニティ広場に移動し「恥☆アソビ(仮)」と銘打ち、第3回「わしのみやMISSコン~俺の兄貴がこんなに綺麗なはずがない~」や秋葉原ディアステージの協力を得て4年目となる「WOTAKOIソーラン祭り」を開催。
らき☆すたの柊つかさ役声優福原香織さんをゲストに招いて「福原香織王選手権」の開催も予定していたが、突然のゲリラ豪雨により中止となり、その他出店ブースやDJイベントも一部中止となった。

なお、MISSコンのゲストにスマイルセラピー協会のマック赤坂が特別審査委員として出演。突風により破損した「らき☆すた神輿」も新しい絵柄になり登場。
コスプレイベント団体のCOSSANの協力を得て「コスプレ祭り」を同時開催。コスプレ参加人数1,100名。土師祭来場者数7万3,000人。ミニFMラジオ「ラジオ鷲宮」は、初のニコニコ生放送を使用し神輿の最後の瞬間を中継した。
昨年初登場した鷲宮商工会青年部主催の超三次元要塞ワシロスが街中を練り歩く「オタクニカルパレード」は電飾をつけて千貫神輿、らき☆すた神輿の後に続き周航した。ワシロスの上には、埼玉県のマスコット「コバトン」も乗船し会場を盛り上げた。
今年も土師祭は土師祭輿會、埼玉新聞社、鷲宮商工会が共催で実施し、多数の企業がスポンサーとして協賛。

 
レポート記事リンク

10月

19日
埼玉県と公益財団法人埼玉県産業文化センターの主催するサブカルイベント「アニメ・マンガ祭in埼玉:略称アニ玉祭」において特別協力として参加。主に1日目の野外ステージ「鷲宮商工会プロデュースMISSコンinアニ玉祭(女装編)(男装編)」を開催。イベント広場では超三次元要塞ワシロスを展示。
メイン会場となる大宮ソニックシティに併設しているパレスホテル大宮にて、オタ婚活パレスホテル大宮編~おた☆こん~を開催(主催:鷲宮商工会青年部・合同会社福成)参加44名(男性22名・女性22名)カップル成立数22組中9組。
レポート記事リンク
アニ玉祭レポート。鷲宮商工会プロデュースMISSコン他、らき☆すた関連展示紹介


11月

9日
「萌フェスin鷲宮2013~THE END OF WASHINOMIYA SYOuKOUKAI Ota/おもてなしを、君に~」を開催。鷲宮商工会卒業アルバム200冊限定発売。「鷲宮商工会卒業記念×らき☆すた10周年記念」らき☆すた記念コインを一般向けファン向け各1,000枚配布。
特大絵馬に寄せ書きをするコーナーや痛車祭り、カラオケ大会カラオケこれくしょん「カラこれ」、大声コンテスト「鷲宮の中心で萌えを叫ぶ」、オタクの運動会「萌☆輪ピック」等を第1部として鷲宮コミュニティ広場で開催。第1部の最後には卒業式として山村高淑北大准教授より齋藤勝商工会長へ卒業証書が授与される。
第2部では会場を鷲宮商工会館2階に移し謝恩会と題して、アニメらき☆すたの上映会、らき☆すた原作者美水かがみ先生、角川書店娘タイプ担当加藤剛氏、北海道大学観光学高等研究センター山村高淑氏、鷲宮商工会事務局松本真治の4名によるトークショーを開催。会場は立ち見が出るほどの盛況で100名以上が来場した。
同日より商店街にてらっきー☆すたんぷらりーも開催される。Aコース(飲食店)11店舗。Bコース(小売サービス)17店舗。合計28店舗が参加し達成景品として「かがみの鏡」、「つかさの痛傘」などが用意された。
 
レポート記事リンク
萌フェスin鷲宮2013&商工祭レポート。「鷲宮」と「らき☆すた」ファンの交流イベント


10日
青年部主催「俺の芋がこんなに美味しいわけがない収穫編」開催。地域住民や関東近県から来たファンが参加。さつまいもを収穫した。


21日
全国の商工会及び商工会に加入する中小企業経営者等3,000名が一同に会する「第53回商工会全国大会」東京渋谷のNHKホールで開催され、同大会で発表・表彰される「21世紀商工会グランプリ」において、鷲宮商工会が「平成25年度21世紀グランプリ」を受賞。受賞理由として、鷲宮の知名度を飛躍的に向上させ、地元に大きな経済効果をもたらせたことが、1,700ある地域で最も優れていたと経緯が説明される。

レポート記事リンク
鷲宮商工会が『平成25年度21世紀商工会グランプリ』を受賞いたしました


30日
鷲宮商工会が50余年の歴史に幕を閉じ解散。2007年のらき☆すたによる地域振興を牽引してきた事務局長吉岡憲一氏が退職。
 
レポート記事リンク
鷲宮商工会の齋藤会長が埼玉県の上田知事に久喜市商工会との合併を報告
鷲宮商工会の閉会にあたり 事務局長(超監督)吉岡憲一
鷲宮商工会を代表しまして 鷲宮商工会会長 齋藤勝


12月

1日
商工会の合併により鷲宮商工会は、全国8位、埼玉県で4位の組織規模として新たに久喜市商工会として生まれ変わる。鷲宮商工会は久喜市商工会鷲宮支所として、従来の体制とほぼ変わらず業務を運営することとなる。旧鷲宮商工会会長の齋藤勝氏は、久喜市商工会の副会長に就任。
 
レポート記事リンク
12月より新久喜市商工会が誕生。久喜本所にて開所式