鷲宮・らき☆すた聖地巡礼レポ えるるのえるろぐ

アニメらき☆すたの聖地、埼玉県久喜市鷲宮の、らき☆すた聖地巡礼情報やイベントレポートの他、「らきすた」や鷲宮の観光に関連する話題が主なブログ
※えるるのえるろぐでは、美水かがみ先生の「らき☆すた」姉妹作「宮河家の空腹」も応援してます

【祝!アニメ放送10周年】鷲宮におけるまちおこしの経緯/鷲宮・らき☆すた聖地の10年史

鷲宮観光&らき☆すた聖地イベント情報
鷲宮神社駐車場 年末年始初詣初売り ・・・ 年末年始 開催
鷲宮神社の節分祭事「年越祭」 ・・・ 2月14日 開催 
らき☆すた柊姉妹誕生日イベント ・・・ 7月7日頃 開催
鷲宮の八坂祭り「天王様」情報 ・・・ 7月第四日曜日 開催
鷲宮神社の祭事「夏越祭(なこしさい)」 ・・・ 7月31日 開催 


らき☆すた聖地オススメグッズ情報
らき☆すた純米発泡清酒「おみき」 鷲宮限定のお酒販売店情報
鷲宮限定インスタントラーメン!「らき☆すた醤油ラーメン」と販売店情報

タグ:神輿

七夕の「らき☆すた柊姉妹誕生日イベントが終わると、鷲宮ではいよいよ夏祭りの季節です。
7月の第3日曜日と第4日曜日に行われる鷲宮の夏祭り「八坂祭天王様)」は、鷲宮神社境内の末社「八坂神社」のお祭りで、神社商店街周辺5地域がそれぞれの山車を曳き回し、笛や太鼓、かねといったお囃子で厄病神とされる牛頭大王を鎮めるという、昔から地元の人たちに受け継がれているお祭りです。

近年では7月第4日曜日の八坂祭最終日に山車が登場し、祭囃子が響き渡るので、メインは第4日曜日になっています。
昨年、自分も第4日曜日をレポしました(昨年の記事『鷲宮の八坂祭り「天王様」。祭囃子と提灯山車が彩る鷲宮の夏祭り』)が、初日の第3日曜日はまだカメラに収めたことがなかったことと、昨年作った八坂祭のフォトブックが思いのほか好評だったようで、今年の周囲の期待値が凄い^^;
そうゆうこともありつつ、今年はより八坂祭の全体をまとめたい気持ちも強かったので、第3日曜日の様子から密着レポしてみました。
鷲宮八坂祭2015-01
 昼12時半頃に鷲宮神社に行ってみると、氏子さんや各地区の代表他関係者が参集し祈祷が行われていました。
それにしても、この日は凄まじいほどの暑さで、日差しが痛いほど降り注いでいました^^; 
日陰にいないとどんどん体力を消耗するほどでした。 
  【鷲宮の夏祭り「八坂祭(天王様)」初日。酷暑の千貫神輿渡御を密着レポ!】の続きを読む

土師祭2014レポート3は土師祭の本番とも言うべき夜の部。
土師祭昼の部レポートの1と2は『土師祭2014レポート1 鷲宮土師祭史上最大規模!祭りの序盤と千貫神輿の雄姿』と、『土師祭2014レポート2 進撃のオタコイソーランとオタクニカル2大パレード開催!』をご覧ください。

野外ステージイベントの恥アソビも、鷲宮神社駐車場のサテライトステージも夕方まで。
盛り上がったこれらのステージ、なぜ夜もやらないかというと、土師祭の真骨頂が神輿の渡御だからです。
昼間いろいろ楽しんだ後は、真打の神輿の夜の部、「千貫神輿」と「らき☆すた神輿」に集約されます。
夜が本番というのはそのため。

日没後の夜の部が始まる頃の鷲宮神社通りの様子はこのような感じでした。
土師祭2014 夜の部開始頃の鷲宮神社通り
よく見るとロックマンがいますね|д゚)そういえば昨年もいたなぁ。
昨年と言えば亀仙人さんもいましたし、特撮ヒーロー系コスはお子さんに人気ですよね〜。
特にこうゆう家族連れも多い祭り系ですと余計にw
レイヤーさんも違和感なく(?w)祭りに溶け込んでいる・・・これが土師祭の風景。

私の中で意外だったのが、コスプレイヤーさんも夜は暗くて撮影しにくいから、夜の部の神輿を見る人が多いかと思ったのですが、後から聞いた話では夜も鷲宮神社境内で撮影していたレイヤーさんたちが結構いたとのこと^^;

話を聞いて納得したのが、夜の神社境内での撮影会って、他の撮影会ではほぼ皆無なのだそうです。
確かに、ただでさえ珍しい神社境内での撮影なのに、ましてや夜に野外撮影会なんてさらに珍しくなるわけですね。
下手すると年に一度のこの貴重な機会に夜の(しかも神社の)シチュエーションでも撮影したいというレイヤーさん が多かったというわけです。
さすがだぜコスプレイヤー(;'∀') 

【土師祭2014レポート3 鷲宮の初秋を彩る「らき☆すた神輿」と「千貫神輿」&土師祭総括(まとめ)】の続きを読む

土師祭はもともと千貫神輿を担ぐお祭りなので、やはり元祖、根幹部分は外せません.
「一般の方」・・・要するに千貫神輿を目的に見に来た人や家族連れやアニメには詳しくない非オタクな人向けにもガイドします。
まぁこのブログを見に来る人は基本的に非オタではないと思いますが^^;
千貫神輿

基本的に千貫神輿をメインに見る流れなので、13時ごろからの神輿の渡御開始までには鷲宮神社に行っておくのが良いです。
更に神輿好きなら午前11時からの祈祷も見逃せません! 
さらに言えば神輿庫からの宮出しも見たいということであれば9時前には到着しないと見逃してしまいますの要注意。


【鷲宮の土師祭(千貫神輿)を楽しむ攻略ガイド4 土師祭2014直前特集!】の続きを読む

鷲宮の夏祭り八坂祭天王様)が7月の第4日曜日に当たる7月22日にありました。
八坂祭というと、文字通り八坂神社のお祭りです。
鷲宮神社には八坂神社の末社がありますので、正確にはその末社のお祭り・・・ということですかね?

八坂祭は京都の夏祭り「祇園祭」のことでもあり、日本全国で規模の違いはありますが同じようなお祭りがたくさんあるそうです。
天王祭いろんな呼び方があるようですが、鷲宮では「八坂祭」、もしくは「天王様」と呼ぶのが一般的なようです。
ちなみに私の親の世代では、「鷲宮のお祭り=天王様」でした。

疫病を司る神(厄病神)とされる牛頭大王(ごずてんのう)を鎮めるために行われる祭りらしいです。
要するに、全国規模の夏の厄除け祭り?('ω'*
牛頭大王のことや八坂祭のことを詳しく知りたい方はウィキってもらうとして、ウチのブログらしく鷲宮の八坂祭のことを書きます。

鷲宮神社周辺の5地区(上町、仲町、本町、新町、旭町)の山車が門前通りを練り歩くわけですが、鷲宮では神輿も山車に乗ります。
鷲宮の八坂祭(天王様) の神輿
神社鳥居前にて出発の時を待つ神輿\('ー'*)/ 【鷲宮八坂祭(天王様)レポ2012。夜に映える提灯山車と祭囃子】の続きを読む

このページのトップヘ