鷲宮・らき☆すた聖地巡礼レポ えるるのえるろぐ

アニメらき☆すたの聖地、埼玉県久喜市鷲宮の、らき☆すた聖地巡礼情報やイベントレポートの他、「らきすた」や鷲宮の観光に関連する話題が主なブログ
※えるるのえるろぐでは、美水かがみ先生の「らき☆すた」姉妹作「宮河家の空腹」も応援してます

【祝!アニメ放送10周年】鷲宮におけるまちおこしの経緯/鷲宮・らき☆すた聖地の10年史

鷲宮観光&らき☆すた聖地イベント情報
鷲宮神社駐車場 年末年始初詣初売り ・・・ 年末年始 開催
鷲宮神社の節分祭事「年越祭」 ・・・ 2月14日 開催 
らき☆すた柊姉妹誕生日イベント ・・・ 7月7日頃 開催
鷲宮の八坂祭り「天王様」情報 ・・・ 7月第四日曜日 開催
鷲宮神社の祭事「夏越祭(なこしさい)」 ・・・ 7月31日 開催 
土師祭(はじさい) ・・・ 9月第一日曜日 開催
萌フェスin鷲宮 ・・・ 2017年は3月19日開催 NEW!

らき☆すた聖地オススメグッズ情報
らき☆すた純米発泡清酒「おみき」 鷲宮限定のお酒販売店情報
鷲宮限定インスタントラーメン!「らき☆すた醤油ラーメン」と販売店情報

タグ:萌えおこし

埼玉県域で発行される地方新聞「埼玉新聞」では、他の新聞にはあまり例を見ない紙面がある。
埼玉のサブカルチャー情報を特集した『月刊サイタマニア』だ。
毎月最終日曜日に発行されるこの紙面には、アニメ「らき☆すた」の聖地「鷲宮」の他、埼玉県内の町並みをモデルにしたアニメ作品や、県内出身の声優、ゆるキャラなども取り上げている。

先月1月29日に発行された『月刊サイタマニア』最新号では、「鷲宮で明け萌え!」と銘打った鷲宮と鷲宮神社年末年始の様子が特集された。
サイタマニア1月29日号
カラー紙面には、らき☆すたファンらによる合同絵馬奉納企画「連作絵馬」や「提灯行列」の他、らき☆すた2期を願う署名活動の状況も掲載。
鷲宮のコミュニティサイト「鷲宮SNS」のイメージキャラクター「初酉くまで」が、お弁当のパッケージに使用された記事と、らき☆すたスタンプラリー店「和風スナック記念日」の店舗壁面に描かれた「らき☆すた壁画」の紹介もされている。

本来なら同じ話題として同紙面に載るはずの「初酉くまで」オリジナル投稿漫画『魔法縁起物少女 かきこめ☆くまでちゃん!』が紙面の内側になっていることからも、年末年始の鷲宮では、収まりきらないほど取り上げる話題が豊富だったことが伺える。

今年の4月で、アニメ「らき☆すた」の放送開始から6周年目(OVAを含めれば5周年)。
もうすぐ6年になる今も、変わらず「らき☆すた」と「鷲宮」が好きで来てくれるファンや巡礼者たちの切望する願いが叶うことを信じたい。 【埼玉新聞のサイタマニアで、らき☆すた聖地鷲宮の「明け萌え」な年末年始特集記事掲載!】の続きを読む

新年早々風邪引いたせいでお仕事スケジュールが切迫して修羅場ってるのに、正月ボケのせいか集中力が持続せずとってもピンチな今日この頃。
そんなとき、幸手商工会さんから何やら封筒が届きました。
はて?(・ω・ )・・・幸手商工会つながりと言うことは、らき☆すたスタンプラリーぐらいしか・・・。
!?・・・となるとまさか!
新年最初のお届け物
無論、修羅場ってる仕事が一時ストップしたのは言うまでもない(´ω`)y─━~~
早速開封〜♪ 【スタンプラリー新景品「らき☆すたキャラフラッグ」追加!@クリアファイル当たりました】の続きを読む

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
あけましておめでとうございます
新年早々、風邪引いて今までダウンしてました、えるるです。
久しぶりに38度を超える熱が出たのでキツかったです^^;
三箇日に毎日のように寒空の下、何時間も神社にいたせいでしょうか;
夕方になると一気に寒くなりますねぇ・・・、自分の周囲でも軒並み風邪引いたり体調を崩したりしてて、今回の年末年始は寒さが厳しかったのが分かります。
気象庁の久喜市の最低気温を見てみたら大晦日は−2.9度、元旦は−2.3度だったようです。
インドア派には厳しい寒さでした (ノ-';

それでは、大晦日から元旦にかけての2012年鷲宮神社初詣元旦レポをお送りいたします。 【2012年鷲宮神社初詣元旦レポ らき☆すた絵馬も2期署名も大盛況な年越し】の続きを読む

前回の記事『らき☆すたマフラータオルが年末年始の鷲宮神社で発売!@グッズ情報』で、「らき☆すたマフラータオル」や、「らき☆すた甘酒『おみき』」の発売情報をお伝えしました。
さすがに大晦日まで1週間を切っていた情報でしたので、もうこれ以上ないと思っていましたが、ここに来てさらに新商品情報がw
その名も『らき☆すた純米発泡清酒鷲宮「おみき」 【大晦日に鷲宮で純米発泡酒!らき☆すた純米発泡清酒鷲宮「おみき」発売!】の続きを読む

このページのトップヘ