鷲宮・らき☆すた聖地巡礼レポ えるるのえるろぐ

アニメらき☆すたの聖地、埼玉県久喜市鷲宮の、らき☆すた聖地巡礼情報やイベントレポートの他、「らきすた」や鷲宮の観光に関連する話題が主なブログ
※えるるのえるろぐでは、美水かがみ先生の「らき☆すた」姉妹作「宮河家の空腹」も応援してます

【祝!アニメ放送10周年】鷲宮におけるまちおこしの経緯/鷲宮・らき☆すた聖地の10年史

鷲宮観光&らき☆すた聖地イベント情報
鷲宮神社駐車場 年末年始初詣初売り ・・・ 年末年始 開催
鷲宮神社の節分祭事「年越祭」 ・・・ 2月14日 開催 
らき☆すた柊姉妹誕生日イベント ・・・ 7月7日頃 開催
鷲宮の八坂祭り「天王様」情報 ・・・ 7月第四日曜日 開催
鷲宮神社の祭事「夏越祭(なこしさい)」 ・・・ 7月31日 開催 


らき☆すた聖地オススメグッズ情報
らき☆すた純米発泡清酒「おみき」 鷲宮限定のお酒販売店情報
鷲宮限定インスタントラーメン!「らき☆すた醤油ラーメン」と販売店情報

タグ:鷲宮神社

今年で第33回を迎えた鷲宮最大の祭「土師祭(はじさい)」が9月6日に開催されました。

土師祭ってどんな祭りかをできる限り簡潔にご説明しますと、鷲宮神社に昔から奉納されている関東最大級の大きさを誇る千貫神輿(せんがんみこし)を担ごうと、土師祭の主催、土師祭輿會の会長、成田さんが有志を集めて始めたお祭り。

千貫神輿はかなり大きいのでその分もちろん重く、担ごうとすると多くの担ぎ手が必要です。
大正7年までは担がれていたのですが、それ以降は人手不足で山車に乗せて引き回すだけでした。
それを33年前、成田さんが関東一円から祭り好き・神輿好きな担ぎ手を広く募集し、復活させたのが現在の土師祭です。

そして、2007年に鷲宮が「らき☆すた」の聖地になってから、鷲宮を訪れるようになったファンのために、成田会長が祭りを楽しんでもらおうと「らき☆すた神輿」を発案。
2008年から登場した「らき☆すた神輿」により、前例のない『伝統』と『萌え』という2つの文化の融合した珍しい祭りとして各種メディアで大きく知られることとなり、一躍有名になったことで2010年には上海万博に日本文化の代表として遠征をしたほどになりました。

近年では、アニソンDJイベントや「らき☆すた」声優のステージ、コスプレイヤーの撮影に鷲宮神社が解放されたりと、様々な催しが行われています。
しかも毎年違ったイベントを企画・開催することからその都度メディアで話題を呼び、参加者の口コミ等で年々来場者が増え続けているという、ある意味他では見られない特異な祭りとも言えるでしょう。


過去の土師祭の様子は「土師祭レポート/祭り情報」カテゴリーにまとめてありますので、そちらをご覧いただくとして、それではいよいよ本題の土師祭2015のレポートをしていきます!

今回も長くなりそうなので数回に分けてお送りいたします^^;
まず前編は主に土師祭開始前の様子と、千貫神輿の宮出しコスプレ会場(鷲宮神社境内)の様子をお送りいたします。

今回はコスプレ受付会場の様子を見に行っていたので、例年より少し遅めの12時頃に会場入り。
土師祭2015
古民家レストラン大酉茶屋の前には、「らき☆すた」と「果つることなき未来ヨリ(通称:はつみら)」のコラボイラスト特大タペストリーが飾られ、かなり目立ってました。
ここが記念写真スポットになってましたねw 【土師祭2015レポ前編 鷲宮は今年も鷲宮らしく!千貫神輿宮出しとコスプレ会場の様子】の続きを読む

さぁ〜て、今年もいよいよ鷲宮終夏の祭典、土師祭(はじさい)の季節がやって参りました!
えるろぐの中の人が年に1、2度あるかないかの頑張る季節です!w
だいぶ情報も出そろったので、例年に漏れず今年も土師祭直前の攻略ガイド的なものをやろうと思います。

もう見ている人もほとんどだとは思いますが、まずは第33回土師祭の公式サイトをご覧ください。すべてはそこから。
hajisai2015
トップページを見れば主要な演舞(イベント)情報がバナーで表示されます。
ズラーっとバナーが並んでいると、なんかすごいいろいろやっている感が(;'∀')

【土師祭2015攻略ガイド!らっきー☆ちゃんねる鷲宮上陸!祭りの見所一挙紹介!】の続きを読む

鷲宮神社の祭事「夏越祭(なこしさい)」、正式名「夏越大祓祭(なこしのおおはらいまつり)」が7月31日に行われました。
八坂祭や土師祭は第4日曜や第1日曜といったように曜日が決まっていて日にち自体は毎年変わるのに対して、夏越祭は何曜日であろうとも必ず7月31日に行われる神事です。

後述の画像でも紹介する内容で説明しますと、「夏越大祓祭」とは、『年中の邪気災難疫病を払う身体健固のお祭りで、古くは天武天皇の頃より盛んに行われてきており、この邪気災難疫病を払うため六月の晦日(現在の七月)に茅の輪をくぐり「人形(ひとがた)」を以って全身をなで、息を三度吹きかけ、自身の悩み汚れ等を「人形」に託し、神前にて祓い大川へと流す祭りです』
現在も息災延命・生業繁栄を祈るものとして受け継がれてきているのだそうです。

かいつまんで言うと、厄払いのために拝殿前の茅の輪をくぐり、人の形の紙に自分の悩み等を身代わりにして、その人形を川に流すことで文字通り「悪いことを水に流す」儀式です。
鷲宮神社 夏越祭
夏越祭は何度か見学したことはあるのですが、レポブログに書く用にじっくり撮影等はしていなかったので、今回改めてレポしてみます!
それにしても、この日も暑かった・・・;
今年はこうゆう祭りがある日に限って酷暑になる確率が高い気がします^^;
  【鷲宮神社祭事、夏越大祓祭(なこしのおおはらいまつり)2015年の記録】の続きを読む

鷲宮「八坂祭(天王様)」の一番太鼓から一夜明け、祭り最終日がいよいよ本格的に始まります。
予想はしていましたがこの日も日差しが強くて暑さが厳しかったです。
鷲宮八坂祭天王様2015-1
到着したのは12時前でしたが、既に鷲宮神社鳥居前には千貫神輿が鎮座していました。

【鷲宮八坂祭(天王様)最終日後編。2015年の夏に響く祭囃子と提燈山車の灯り】の続きを読む

このページのトップヘ