鷲宮・らき☆すた聖地巡礼レポ えるるのえるろぐ

アニメらき☆すたの聖地、埼玉県久喜市鷲宮の、らき☆すた聖地巡礼情報やイベントレポートの他、「らきすた」や鷲宮の観光に関連する話題が主なブログ
※えるるのえるろぐでは、美水かがみ先生の「らき☆すた」姉妹作「宮河家の空腹」も応援してます

【祝!アニメ放送10周年】鷲宮におけるまちおこしの経緯/鷲宮・らき☆すた聖地の10年史

鷲宮観光&らき☆すた聖地イベント情報
鷲宮神社駐車場 年末年始初詣初売り ・・・ 年末年始 開催
鷲宮神社の節分祭事「年越祭」 ・・・ 2月14日 開催 
らき☆すた柊姉妹誕生日イベント ・・・ 7月7日頃 開催
鷲宮の八坂祭り「天王様」情報 ・・・ 7月第四日曜日 開催
鷲宮神社の祭事「夏越祭(なこしさい)」 ・・・ 7月31日 開催 
土師祭(はじさい) ・・・ 9月第一日曜日 開催
萌フェスin鷲宮 ・・・ 2017年は3月19日開催 NEW!

らき☆すた聖地オススメグッズ情報
らき☆すた純米発泡清酒「おみき」 鷲宮限定のお酒販売店情報
鷲宮限定インスタントラーメン!「らき☆すた醤油ラーメン」と販売店情報

タグ:DVD

今年の8月1日から公開されたサマーウォーズが早くもBlu-rayとDVD化です。
もちろん私はこの情報を知った時点でBDを予約。
サマーウォーズ【Blu-rayDisc Video】
サマーウォーズ【Blu-rayDisc Video】
定価10,290円(Amazonや楽天ブックスとかなら26%OFF!※12月15日時点)
定価1万円超えですが、特に高いとは思いません。
「良いもの」は金額に換えがたい。
もちろん安いに越したことはないですし、価格も重要な購買判断要素の一つですが、サマーウォーズに関しては、値段なんか気にせずに見たいと思えるアニメ映画です。
それぐらい私の中では高評価作品ですね。

映画館に見に行ったときの感想等は、当時の記事「サマーウォーズは満員御礼でした(ネタバレなし感想」や、「サマーウォーズ(ネタバレVer)。栄おばあちゃんは本当に素敵な曾祖母ですね」を見ていただければ分かっていただけるかと。(↑の記事はネタバレあるので注意ですがw) 【サマーウォーズのBlu-rayとDVDが予約開始ですね】の続きを読む

買ったけど忙しくて見る暇なかった「センコロール」をようやく見れました。
センコロール」の特筆すべきところはなんと言っても個人制作アニメーションであること。
内容に関しては、声優や音楽関連以外の監督・脚本・作画を宇木敦哉さん一人でこなしています。(スタッフロール見るとほとんどが音関連のスタッフで、あとはプロデューサーとか配給関連w)

アニメって内容によって多少の差はありますが、通常は制作に100人単位の人が関わって、1話分作るのに数ヶ月かかるものです。
それを(時間をかけたとは言え)一人で作るのは並大抵の根性と集中力がないと無理ですねw
ちなみに今回のセンコロールの25分作るのに2年半かかってるそうですよ;;;

そんな作品が「センコロール」なのですが、新海誠さんの個人制作アニメ「ほしのこえ」が出たのが2002年なので、それ以来の期待感で見ました。 【センコロール見ました。個人制作でこのクオリティは素直にすごいと思った。】の続きを読む

Time waits for no one.」翻訳したら「時間は、誰も待ちません」になりました。
ニュアンスとしては、「時は待ってくれない」ってことですかね?
Time waits for no one.  ← (゚д゚)ハァ? 時をかける少女
サマーウォーズが公開中のためか「時をかける少女」が日テレでやってたのでついつい見ちゃいました。
映画館やDVDで何度も見たけど、好きな作品はそうそう飽きないですね。
ジブリ作品が毎年のようにテレビで放送されるように、「時をかける少女」も毎年夏の定番番組になったりしてw
むしろ来年の夏に「サマーウォーズ」も放送される可能性の方が高いか・・・。

※さすがに3年前の作品なのでネタバレってレベルじゃないけど、まだ「時をかける少女」を見て無い人がいるかもしれないので一応「以下は内容に触れてること」をお知らせします。 【時をかける少女の『Time waits for no one.』に込められたテーマ】の続きを読む

TVシリーズの様に続く話で毎回映画並みのクオリティを
アニメを見る人の願いですね。
それを叶えていると言っても過言ではないのが『劇場版 空の境界』。
最近は3部作映画とか新劇場版エヴァの様に4部作もありますが、1つの作品を全7章の7部連作アニメ映画として公開する作品は過去に類がありません。
その「空の境界」最終章の7章が今月8日から公開です
そのためか、先日TBS系で深夜に特集番組が組まれてました。
空の境界 特集 内容は「空の境界」についてとか、1〜6章までのダイジェスト、あとはufotableさんとこの仕事風景と7章をチラッっとでした。
7章は上映時間がこれまでの章の中で最長らしいですよ、たっぷり楽しめそうです。
【劇場版「空の境界」7章公開直前、1章〜6章の魅力考察@感想】の続きを読む

このページのトップヘ