昨年、らき☆すた声優の福原香織さんが久喜市の親善大使に任命されたことのお祝いがきっかけでスタートしたプロジェクト『つかさ☆プロジェクト』(略して「つか☆プロ」)。
第一弾は「つかさの着ぐるみ」の制作をクラウドファンディングで募集し、24時間経たずに目標金額を達成。現在制作中で今年中には完成予定とのこと。

そして、プロジェクト第2弾として、水面下で動いていたのが今回のつかさ像」の制作というわけです。

以下に、今回の「つかさ像」の件をなるべく分かりやすくまとめてみます。

「らき☆すた」のメインキャラ「柊つかさ」の像が鷲宮に立つことが発表されたのが先月11月。
11月は原作漫画の「らき☆すた」が引っ越しして再始動もしていて、更には、ところざわサクラタウンにて、らき☆すた×さいたま展『らき☆たま』も来年2月迄開催されるなど、朗報が立て続けに入ってきた感じ^^
そして今月初めに、つかさ像のお披露目式が行われることが告知されました。
まさかの第2弾の方が先に完成してお披露目とはw

最初の発表時点ではどこに設置されるかはまだ出ていませんでしたが、先日、久喜市観光協会のTwitterで鷲宮郵便局のポスト横に設置されることが発表されました。
鷲宮郵便局の場所は(←Googleマップへのリンク)、いつも柊姉妹誕生祭等が行われている、久喜市商工会鷲宮支所から直線距離で300〜400mほどなので、歩いても数分です。
当日の会場は郵便局の駐車場になると思われますが、駐車は出来ないので車で来る人は鷲宮総合支所の駐車場に止めることになると思われます。

そして、つかさ像お披露目式の正式タイトルも決定!
「つかさ像☆みたいな!」
前述の通り、原作漫画「らき☆すた」が掲載されている戦略的実験誌「みたいな!」のロゴが使われてます。
この時点で「みたいな!編集部」の協力が得られていることが分かりますし、主催・共催・協力を見ると、久喜市商工会はもとより、久喜市や久喜市観光協会、日本郵便株式会社、らき☆すた神輿準備会までもが名を連ねていることからも、いろんな関係各所が動いて実現したプロジェクトなのが読み取れます。

像を立てるとなると確かにいろいろと手続きとか必要ですからねぇ。
しかも版権も絡むとなるとさらに大変。それだけの大きなプロジェクトだったというわけです。

そんなわけで、令和4年12月18日(日)に完成記念のお披露目式が行われることになりました。

さらに追加情報で、最初にも書きましたが柊つかさ役の声優、福原香織さんがこのお披露目式に出演することも告知されました。
演じたキャラクターが像になるわけですから、むしろ是非呼ぶべき!
しかも久喜市の親善大使なのですから、そうゆう意味でもむしろ是非呼ぶべき!

定点ですがニコ生配信もあります。
定点なので、当日来れない人はこれで様子だけでも見れるかと。

当日来れる人向けの情報として、鷲宮郵便局で18日当日のみですが、つかさ像完成記念ポストカードが用意されます。
つかさ像の塑像(型を取る際の粘土像)が載っているポストカードで、切手を貼れば普通につかさ像完成しました・・・の告知を郵便で送れるわけです。
しかも鷲宮郵便局の風景印入りなので、レア度高めです。

ポストカードの入手条件は下記の通り。
ちょっと分かりにくい部分もあるのでよく読んでおいた方が良いです。

18日当日の、お披露目式終了後からお昼の12時迄(の約2時間弱ぐらい)に、鷲宮郵便局で切手3枚分(63円が3枚なので189円)買うと、ポストカードが5枚1セットもらえます。

ポストカードを販売・・・ではなく、切手を買ってくれた人に進呈という形です。
それならポストカード自体もひっくるめてお釣が出ない200円とか300円ぐらいで売っても良いのでは?と思いますが、郵便法か何かで上乗せとかしてはいけないんでしょうね。
そう考えると、189円は破格の安さな気がしてくるから不思議w

5枚の内、3枚は鷲宮郵便局の風景印入り←※この風景印は日付入りで、消印と同じものなので、当日(しかも切手の販売する上記の約2時間)のわずかな時間しか有効ではありません。

なぜって?当たり前ですが消印ってその日の営業中に受付できないと有効じゃないからです。
18日の営業が終わった夕方とかに出しても、次の営業日の消印になるためです。

通常ですと、消印って受け付けた後押すものですが、今回は切手の販売やセット売りの関係上、なるべくスムーズに進めるために、特別に事前に切手を貼って消印を押しておく形をとっています。
そのため、有効な期間が短くなっているわけです。

鷲宮郵便局さんは、この日のために本来なら日曜でお休みのところ、式典の終わる10時頃からお昼の12時まで臨時営業しているという感じなので、折角切手が貼ってあるし、記念に出したい人(3枚あるので、誰かに「つかさ像」が出来たことを知らせるために送るか、自分の住所を書いて自分宛?)に送るのもありなんじゃないかとw

また、ポスト投函でも郵送はできますが、その場合は風景印の上に通常の機械で処理する消印が押されることになります。
こうゆう風景印集めている人とかからすると、そうゆう機械の消印は押されたくないという人もいるみたいですし、その場合は18日の鷲宮郵便局の営業時間中(前述の通り約2時間の間で)窓口で受け付けてもらえばOKというわけです。
マニア向けの配慮ってやつですかね?('-'*

なので3枚中1枚は使って残りは保存用って感じ?勿論全部使わないで記念にしとくのもあり。
ただ何気に、その日の昼の12時まで(実質2時間ほどの間)に送らないと有効にならないハガキって、見方によってはレアですねw

後日、普通に郵便でこのポストカード出したい場合は、残りの2枚は切手も何も貼られてないので、それを使うという感じです。
多くの人は、折角の記念品なので、それをつかうなんてとんでもない!というのもありだと思います。

数に限りがあるので、一人1セットになるようです。
流石にすぐ無くなって全員にポストカードが行き渡らないようであれば、後日(風景印はさすがに当日の日付ではないでしょうけど)再販もあるんじゃないかと。


ポストカードに関しては以上になります。

ちなみに18日は、ところざわサクラタウンの「らき☆たま展」で、小神あきら役の今野宏美さんと、白石みのる役の白石稔さんが降臨する「らっきー☆ちゃんねる」イベントが12時と15時にあるようなのでこれも見逃せない。

それを考慮して、今回のお披露目式「つかさ像☆みたいな!」は朝9時30分から始めるようです。
式典自体は30分程度で終わりそうですし、そこからポストカードゲットして、電車等で移動すれば間に合う・・・かな?15時にはさすがに間に合うか。

調べたけど、車だと鷲宮から東所沢まで、圏央道使えば1時間ちょっとですね。意外と近いか。
折角の機会だから自分も、ところざわサクラタウンでびゅーでもしてみようかと。


と言う感じで、18日の情報をまとめてみました。
我ながら書いててこの内容が伝わるだろうか不安になってくる^^;


それにしても、らき☆すたキャラの像が鷲宮に立つ日が来ようとは・・・。

キャラクターの像自体はそこまで珍しいわけではないですが、有名どころの「こち亀」や「ワンピース」、「サザエさん」や「ゲゲゲの鬼太郎」等々、基本的にどの像も国民的人気とか認知度の高さが凄いという共通点があります。
他にも過去の名作の像も多数ありますが、「らき☆すた」のような日常系とか萌え系の像は意外と少ない(ほとんどない?)のが現状です。

いくら人気があるからと、いきなりキャラクター像を立てますって言ったとしても、地元の理解が得られるかというとそう簡単に了承が得られるとは思えないです。
上記で紹介した有名作品はそれだけ全国的にも認知され親しまれているからこそ凄くて、像にもなっているわけで。

そんな中で、「らき☆すた」のような萌え系(日常系?)キャラクターの像が制作されるというのはあまり聞かないですし、ましてや郵便局にそうゆう像が立つのは(郵便ポスト自体には装飾等の例はよくありますが)全国初なんじゃないかと思います。

15年以上続いているアニメの聖地だからこその、積み上げてきた「らき☆すた」と言う作品への信頼と、ファンの作品愛と、地元の認知・理解のおかけなんじゃないかと思います。

作品もファンも聖地も、15年以上続けていたことが形になるようで、実に感慨深い。

まじでそのうち、何十年後かにはこうゆうものが、当時の地域経済に恩恵を与えた存在・・・的な紹介で、賽銭箱とか(そんな未来じゃ賽銭pay払いとか?w)置かれるような存在になりそうw